転職が逃げなのか攻めなのか

転職というと2種類あります。
一つは今の仕事が何らかの理由で嫌だからする転職です。
この場合逃げの転職で、人間関係、会社の問題、業種の問題の順で転職される方が多いです。
私はまだ35歳ですので、そんなに人生経験豊富ではないのですが、実際に逃げの転職は今までの人生で学生時代のアルバイトも含めると全種類しました。
逃げの転職で新しい職場に行きその人の花が開く可能性はあまりないですが、全くない訳ではないですが、社会人となってからは履歴書が汚れてしまいます。
例えば会社を一身上の理由で辞めることが多いと次の会社に入りにくくなります。
いわゆる中途入社のことをいっているのですが、たとえ一身上の理由でなく会社が倒産したから中途入社する際にも、退職金が少ない、昇進しずらいもろもろあります。
ですが、実際のところほとんどの人は逃げの転職しかしていませんので、履歴書はほとんどの人は汚れていますし、会社は欲しいときに適当な人材を確保しようとするので、ハローワークで仕事を探していたり、すると(100パーセントではありません)大抵使い捨ての人材となり転職を繰りかえすということが多々おきます。
そんなことを私は経験してきましたので構図はよくわかるのですが、ではどうしたら攻めの転職ができるのでしょうか。
攻めの転職というのは体力勝負の話ではなく、あくまで自分の能力や性格がよく生きる職場選びが大切です。
私自身今までで一つ攻めの転職をしましたが、今の職場にずっといる訳にはいかない理由がたくさんあります。
また、今の職場では驚かれるかもしれませが入社時にもちろん履歴書に自己PRを書きましたが、私がこんなことができないということをたくさん盛り込んで履歴書と面接を受けました。
結果採用されて今に至っており、自分の弱点を強化してもらいつつ、直らないところも自分で良く見えてきて、レベルの低い会社ですので、社内の縮図がとても分かりやすく良い勉強になりました。
また、人が仕事をするときに大事なことは、どこで何をするかより、誰とするかの方が大事なことも分かりましたし、教えてもらいました。
私は次に就職するときは誰と仕事をするかがクリアされている職場で働くべく上司に面倒をみてもらっています。

医師 転職 産業医

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です